MENU

加齢黄斑変性とは

 

カメラのフイルムに例えられるのが網膜ですが、その網膜のの中央にある黄斑という部分が障害されて視力が低下する病気です。

 

50歳ごろから発症し、年齢が高くなるにつれて発症率が高まります。70〜80歳代になると急激に増加します。

 

加齢黄斑変性になる人の男女差は、男性:女性=2:1で、男性が女性の約2倍です。特に喫煙者に多いことが判っています。家族に加齢黄斑変性の人がいると、なりやすい傾向があります。また食生活の欧米化も、影響があると考えられています。

 

加齢黄斑変性は、大きく分けると2つのタイプがあります。

1つは滲出型です

 

日本ではこのタイプが多いです。黄斑では細胞が活発に働くために、老廃物がたくさん出ます。その老廃物をうまく処理できないと、網膜の一番外側である網膜色素上皮細胞が上手く働かなくなります。

 

すると、その外側の脈絡膜から異常な新生血管がもう脈に向かって伸びていきます。

 

新生血管は弱いため、血液成分が漏れ出て、黄斑の下に溜まってしまいます。

 

歳をとると、目の中のお掃除も充分に行き届かなくなってくる、と考えるとわかりやすいでしょう。

 

もう一つのタイプは萎縮型です。

新生血管ができるのではなく、加齢によって網膜色素上皮細胞が萎縮して、それに伴って黄斑の細胞が萎縮します。

 

萎縮型の進行は滲出型よりもゆっくりです。

 

ただし、萎縮型の場合も滲出型に移行することがあります。

 

加齢黄斑変性は、自分でチェックすることが可能です。

 

5ミリの方眼用紙の中心に印をつけて、目から30cmほど離して方眼紙を持ち、片目を隠してもう片方の隠していない方の目で中央の印を見ます。

 

加齢黄斑変性があると、中央がゆがんで見えたり、中央だけが薄暗く見えたりします。

 

このチェックで、該当する症状がある場合は眼科を受診しましょう。
眼科では、視力検査や眼底検査、光干渉断層計(OCT)検査、経口眼底造影検査などが行われます。

 

加齢黄斑変性の主な症状

加齢黄斑変性になると、どのような見えにくさが起きてくるのでしょうか?

 

主な症状は著しい視力の低下です。

 

真ん中の物がゆがんで見える変視症、真ん中の部分が暗くなる中心暗点などがあります。

 

症状が進んでくると、色の判別ができなくなり、青が黄緑に見えたりします。

 

例えば、東京タワーを見に行くと、まっすぐA字型に立っているはずの東京タワーがS字型にゆがんで見えたり、D字型に真ん中が膨らんだようにゆがんで見えたりします。

 

しかし、その周りの景色や人は正常に見えます。

 

また、海岸を見ていると、海の家はゆがんで見えるのに海で遊んでいる人や海岸を歩いている人は正常に見えています。

 

そのため、「なんだかおかしいな」とは思うものの、「周りの景色はちゃんと見えているのだから、歳のせいだな。おじいちゃんになってしまった証拠だな」などと、放置してしまう人も少なくありません。

 

また、両方の目が同時に侵されるとは限らず、左右どちらか一方のことも多いです。

 

人間の体は実に上手くできていて、右目が見えにくくなると左目がその機能を補ってくれます。

 

そのため、右目が見えていないのに左目が右目をカバーしてくれて、ちゃんと見えているというケースも多く、不便を感じることもないため、気づかなかったというケースも多々あります。

 

高齢者の中には、内科へはよく足を運んでいる人が多いのですが、眼科にはあまり足を運ばない人が多いようです。

 

しかし、内科だけではなく眼科にもかかりつけ医を持つことをお勧めします。1年に1回くらいは診察や視力検査、眼底検査などを受けて、目の状態を確認して欲しい物です。それが加齢黄斑変性の予防には大切なことです。

 

症状が出てから治療するよりも、予防に努めるほうが医療費も少なくて済みます。

加齢黄斑変性では、毎日の生活でこんな不便や不都合が生じます

ゆがんで見えたりぼやけて見えたりすると、当然日常生活にも不便や不都合が生じます。

 

例えば、真ん中だけが見えにくいため、料理をしている時に指を切ってしまう事もあります。

 

左手でキャベツを押さえて右手に包丁を持って、キャベツを切っていると、左手の指先が見えにくい、と言う事が起ります。

 

顔の位置を動かしたりして見えるように工夫をしつつキャベツを切るものの、手を切ってしまいました、というケースもよくあります。

 

料理をするのにも不便を感じるようになると、主婦にとっては非常に生活に支障をきたします。

 

また、症状が進行すると物の色が判らなくなってきます。信号の緑や赤が黄色に見えることもあるため、車を運転する人にとっては、不便を通り越して非常に危険です。

 

信号その物がゆがんで見えにくかったり、暗く見えて何色の信号なのか判らなくなってしまうこともあります。

 

周りの景色はちゃんと見えるため、キョロキョロと周りを見ていると、後ろからクラクションを鳴らされて慌ててしまう、などもよくある例です。
さらに、遠近感が判りにくくなることもあるため、車間距離も上手く摂れなくなってしまいます。車を運転するドライバーにとっては、死活問題となってきます。

 

その他、コップにお茶を注ごうとしたら、コップの上が暗くてよく見えずに上手く注げません。

 

机の上に多量のお茶をこぼすことになり、「不便だしすごく失敗ばかりしているとイライラしてくるから、こぼれたお茶を雑巾で拭いていると、情けなくなって泣いていました」と、患者さんはこのように言われることもあります。

 

このような症状が出て来た段階で、「なにかおかしいな」と思って眼科を受診してくれればいいのですが、多くの人が「ああ、歳は取りたくないなあ」と歳をとったせいだと思ってしまうのは、大変残念です。

 

加齢黄斑変性のことを知っていれば、こんな事にはならなかったのに、と多くの患者さんが悔やまれています。

 

加齢黄斑変性を予防するための行い

では、加齢黄斑変性を予防することはできないのでしょうか?

 

眼科医の間では、ある程度予防することは可能だ、と考えられています。

 

一番大切なのは、禁煙です。

タバコが体に良くないことはもう常識ですが、目にも良くありません。
ぜひとも禁煙してください。

 

2番目は、食生活です。

ホウレンソウや小松菜、ニンジンなどの緑黄色野菜やそれらに多く含まれるビタミンA、ビタミンCビタミンEも目の健康にも大いに関係しています。

 

緑黄色野菜は、1日に両手1杯くらいは食べるようにしましょう。料理すれば、小鉢1杯分くらいです。

 

牡蠣や煮干しに多い亜鉛も目には大切な栄養素です。

 

栄養は、1つや2つだけ一生懸命摂っても上手く機能しません。サッカーチームや野球チームと同じで、選手全員とコーチやトレーナ、球団事務所、フアンなどの力が優勝へと導くように、栄養もその栄養素の吸収を良くする他の栄養素があり、栄養素全体が1つのチームとなって、あなたの健康をサポートしています。

 

バランスよく食べること、同じ食品ばかり食べないことが大切です。
今の日本にはたくさんの食材がありますので、「今日はこれを食べてみようかな」などと色々なものを食べることを楽しんでください。

 

サプリメントを使う場合は、ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、亜鉛、ルティンが良いでしょう。

 

そして、定期的な眼底検査を受けることが非常に重要です。

 

また、時には片目をつぶって周囲を見ることも、早期に症状に気づくことができ、重篤な事態となるのを予防できます。

 

病を悪化させるのは、4つの「無」です。すなわち、無視、無知、無理、です。
加えて、自分の目に対して無関心や無頓着も良くありませんね。

 

おかしいなと思ったら、「歳のせいだろう」などと無視しないで眼科を受診する、加齢黄斑を正しく知って無知を知識に変える、見えにくい時は無理をしないで眼科を受診する、この3つのことを守ってください。

 

加齢黄斑変性の進行を遅らせるためにルテインを摂りましょう

 

ルティンはカロチノイドの一種です。目に良いことはテレビのサプリメントのCMなどでもうご存知でしょう。

 

ホウレンソウなどの緑黄色野菜にたくさん含まれています。
人の体の中では、網膜の黄斑に沢山含まれています。

 

紫外線などの眼球に入ってくる有害な物質を吸収して、活性酸素によって網膜の変性を抑制する働きがあると言われています。
また、視機能障害に関係すると考えられている、網膜のロドプシンが減少するのを抑えるという報告もあります。

 

ルティンによる加齢黄斑変性への治療効果の報告や白内障への治療効果の報告は、学会でも多数、発表されています。

 

1日6mgが目安量とされています。ホウレンソウだと60gです。
ルティンは脂溶性ですので、油を使った料理一緒に摂ると、吸収が良くなります。

 

サプリメントを使う時は、値段の安い物や「おまけ」のついていることに惑わされて選ぶのではなく、薬剤師や医師に相談するのがベターです。

 

それは、サプリメントの業界も競争が激しくなってきています。いい加減な商品を販売しているメーカもないとは言えないのが現状だからです。

 

高齢弱者をだますメーカもあります。目が見えにくいことをいいことに、小さな文字で但し書きを書いて高額料金をだまし取り、通じない電話番号しか明記していないケースもあります。

 

サプリメントを購入する時は、サプリメントアドバイザーの資格を持つ薬剤師と相談して購入するか、かかりつけ医に「サプリメントを使おうと思うのだけど」と、一言相談するのが賢明です。
かかりつけ医の中には、信頼できるメーカーを知っている医師もいます。

 

サプリメントを飲んでいても、他の栄養のバランスが良くないと高いお金を払っているだけになります。
サプリメントは「補う」と言う意味です。それだけで病気を治すものではないということを、頭の隅に留めて、日頃の食生活をバランスよく食べましょう。